Blog

2017クリスマス1Dayレッスン

2017/11/26

【東急セミナーBE二子玉川イベント】

 

2017年も2ヶ月をきりましたね。

 

あなたにとって2017年はどんな1年でしたでしょうか?

 

どんな出会いがありましたか?

どんな学びがありましたか?

 

どんな気づきがありましたか?

 

何かを乗り越えましたか?

 

誰かに伝えたかったこと伝えましたか?

 

人はみんな誰かの支えがあって日々生きています。

日常忙しくしているとそんな大切な事にも気づかずに過ごしてしまいがち…

 

街中にイルミネーションが灯され、どこからかクリスマスミュージックが流れ、

急ぎ足で歩く人の顔もなんとなくほころんで来るこの季節。

 

大切な人にプレゼントを贈りたくなりませんか(^_-)-☆

 

大切な方の顔を思い浮かべ「何を贈ろうかな~」と考えているあなた。

今年はちょっと手作りで暖かな可愛いクリスマスプレゼントを贈ってみませんか?

 

もちろん自分へのご褒美にもOK!

 

初心者の方でも簡単に作ることができますよ!

 

お問い合わせはコチラ

お気軽にご参加くださいね!

image1 (46)

 

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
スタジオ花人たち hanabitotati
https://http://www.hanabitotati.jp/
住所:〒103-0007 東京都中央区
日本橋浜町3丁目10-1 3階
TEL:050-5318-9530(10:00~17:00)
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

2017クリスマス1Dayレッスン

2017/11/26

2017年も2ヶ月をきりましたね。

 

あなたにとって2017年はどんな1年でしたでしょうか?

 

どんな出会いがありましたか?

どんな学びがありましたか?

どんな気づきがありましたか?

 

何かを乗り越えましたか?

 

 

誰かに伝えたかったこと伝えましたか?

 

人はみんな誰かの支えがあって日々生きています。

 

日常忙しくしているとそんな大切な事にも気づかずに過ごしてしまいがち…

 

街中にイルミネーションが灯され、どこからかクリスマスミュージックが流れ、

急ぎ足で歩く人の顔もなんとなくほころんで来るこの季節。

 

大切な人に贈り物をしたくなりませんか(^_-)-☆

 

大切な方の顔を思い浮かべ「何を贈ろうかな~」と考えているあなた。

今年はちょっと手作りで暖かな可愛いクリスマスプレゼントを贈ってみませんか?

 

もちろん自分へのご褒美にもOK!

初心者の方でも簡単に作ることができますよ!

 

お問い合わせはコチラ

 

お気軽にご参加くださいね!

 

そして…今年はまだ1ヶ月以上あります。

2017年精一杯後悔のないように駆け抜けましょう!!ね!

 

image1 (46)

 

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
スタジオ花人たち hanabitotati
https://http://www.hanabitotati.jp/
住所:〒103-0007 東京都中央区
日本橋浜町3丁目10-1 3階
TEL:050-5318-9530(10:00~17:00)
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

女性の守護神

2017/06/18

6月と言えば「ジューンブライド」

 

幸せいっぱいの新婦様のブーケのデザイン制作は、

幸せのおすそ分けをいただく本当に楽しいお仕事です。
新婦様が最高に美しく輝けるためにデザインをし

女性として幸せな人生を送れますようにと願いを込めて

その手に「ブーケ」をお渡しする…

それは、最高に感動の時間です。

 

 

何月であっても新婦様は、幸せオーラ満載でとても美しい。

 

でも、「ジューンブライド」
この言葉の響きは、

美しい新婦様をさらに光のオーラで包み込むような気がします。

 

それは、きっと
ローマ神話の女神ユーノー(JUNO)が起源だからでしょうか。

(ギリシャ神話のヘーラーと同一視)
ユーノーは、ユーピテル(ギリシャ神話、全知全能の神ゼウスと同一視)の妻。

 

ユーピテルは結婚と離婚を繰り返し、愛人もたくさんいたとのことですが、

最後まで添い遂げたのがユーノー。

 

ユーノーは子供をひとり産んでいますが、

それは、花の女神フローラから差し出された魔法の花に触れ妊娠したとのこと。

 

ユーノーは結婚、出産を司る女性の守護神なのです。
最高位の女神であり、6月の女神。

6月に結婚すると、そのとユーノーの加護が受けられると言われています。

 

ウエディングに携わっていますと

目には見えませんが、

やはり何か大きな存在に見守られているような気がしますし、

 

何月であっても、新婦様はキラキラと光り輝くオーラを纏っています。

 

最高位の女神様は、6月の結婚に限らず

愛溢れる女性たち全てを見守っていてくれる、そんな気がします。

 

IMG_1437

 

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
スタジオ花人たち hanabitotati
https://http://www.hanabitotati.jp/
住所:〒103-0007 東京都中央区
日本橋浜町3丁目10-1 3階
TEL:050-5318-9530(10:00~17:00)
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

母の愛情

2017/05/13

「母の愛情」…真っ赤なカーネーションの花言葉です。

 

「母の日」の発祥はアメリカです。

 

「1907年アメリカ・ウエストバージニアに住む
クリスチャンの女性が
亡きお母さまの命日に白いカーネーション
を信者たちに配ったのが始まりといわれ、
その7年後ウィルソン大統領が5月第2日曜日を
「母に捧げる祝日」として、子供が母に感謝する日と決めたそうです。」
(濱田豊監修「花言葉花贈り」より)

 

(因みに白いカーネーションの花言葉は「私の愛情は生きている」です。)

 

 

全ての人に母がいます。
母がいるからあなたがこの世に存在しています。
大いなる愛に守られてきました。

 

この世で
母の愛情に勝るものはないでしょう。

 

 

カーネーションの学名は「ダイアンサス」
「神の花」の意もあるという。
子に対して大いなる愛をもつ「母」にふさわしいお花は
やはりカーネーションなのですね。

 

 

1輪でもいい。
「ありがとう」という言葉を添えて大切なお母さまへ贈りましょう!

 

あまりに近すぎて照れがあり、その一言が言えないあなた、
黙って差し出してください。

 

 

「花」は、黙っていても熱く熱くメッセージを伝えてくれます。
感動を与えてくれます。

 

「花の力」ってすごいんですよ~!

 

「花」っていいなあ~!

 

5月14日、すべての人たちがそれぞれの幸せをかみしめられる
ホットな「母の日」でありますように!

 

 

(ここまで読んでくださったあなたへ…心からありがとうございます!)
感謝(^_-)-☆

450-2014033016140878068

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
スタジオ花人たち hanabitotati
https://http://www.hanabitotati.jp/
住所:〒103-0007 東京都中央区
日本橋浜町3丁目10-1 3階
TEL:050-5318-9530(10:00~17:00)
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

優れた美人

2017/04/06

あなたの周りにいらっしゃいますか?
それともあなた自身がそうですか?

 

 

何かに秀でていて

潔くて凛としていて、優しくてしなやかで…

誰をも魅了する…

 

まるで、桜の花のような人。

 

「優れた美人」
実は、これは桜の花言葉のひとつ。

 

昔々、神々の時代に「コノハナサクヤヒメ」が富士山から桜の種を蒔いた、

という伝説があります。

 

木の花のように美しい女性の「コノハナサクヤヒメ」が蒔いた桜は本当に美しく

今の世も誰をも魅了し続けています。

 
そして、脈々と時は流れ…

2017年度それぞれの新たな生活が始動しました!
「桜」の花を眺めながら

それぞれが新たな誓いをたてそれぞれの人生を歩き始めていますね!

 

いつの世も「桜」は新たな思いを抱かせてくれる、

日本人の文化にはなくてはならない美しい花です。
その時代時代のいろんな人生にそっと寄り添うように、咲き、散り、

そしてまた咲き、魅了し続けています。
しなやかにそして潔く…

 
「花」はいつも脇役だけれど、人々の人生の節目に必ず寄り添い、

その時間を心に残してくれる名わき役だと思いませんか?

 

そして主役のあなたをいつも励まし、感動を与え、笑顔にしてくれる

最高の名わき役だと思いませんか?

 

 

 

さらに、桜の香りには落ち込んだ気分を高揚させる効能があるそうです。

桜はバラ科ですから納得ですね(^_-)-☆

 

 

 

婚礼の場では「桜湯」を用いますが、

(これはお祝いの席では「お茶を濁す」という言葉を忌み嫌うことから、

お茶ではなく桜の花の塩漬けをお湯に入れたものをお出しします。)

 

ほのかな桜の香りがなんとも癒されます。

 

桜、さくら、サクラ。

 

2017年度の今しか楽しめない春の桜。
思う存分眺めて楽しみましょうねー!!

image1 (31)

 

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
スタジオ花人たち hanabitotati
https://http://www.hanabitotati.jp/
住所:〒103-0007 東京都中央区
日本橋浜町3丁目10-1 3階
TEL:050-5318-9530(10:00~17:00)
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

3月8日はミモザの日!

2017/03/08

1904年3月8日にアメリカで女性労働者たちが「婦人参政権」を求めてデモを起こしました。

それをきっかけに、その後1910年に国連によって「国際女性デー」が制定されました。

 

そして今日は、イタリアでは「Festa Della Donnna」(フェスタ・デラ・ドンナ)という女性の日。

 

男性たちは、愛と感謝を込めて女性に「ミモザの花」を贈る日でもあります。

女性たちは、それを髪に飾ったり、胸元にコサージュとして飾ったり、

お部屋いっぱいにアレンジしたり。

 

そして、家事や育児から解放され、女性たち同士でランチしたり、おしゃべりしたり…

束の間の自由を楽しむのです♥

素敵な慣習ですよね~

 

ミモザの花言葉は「友情」「真実の愛」「エレガンス」…

 

日本でも、可愛い黄色の「ミモザ」を抱えている人々があちこちで見かけるようになれば、

街中ほんわか幸せ気分たくさん溢れますよね~

街中笑顔いっぱい溢れますよね~

 

そう思いませんか~?

 

花仕事に携わるはしくれとして心からそう思います!

 

今日は、オレンジジュースとシャンパンをかけわせたカクテル「ミモザ」と

卵の黄身をたくさん振りかけたサラダ「ミモザサラダ」

そんな2品をちょっと加えたディナーで楽しむのもいいですね!!

 

そして忘れないでください!

 

テーブルには、可愛い黄色の「ミモザ」をアレンジしてくださいね。

 

必ず絶対に笑顔溢れるディナーになりますよ!

33_mimoza_1-1010x757

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
スタジオ花人たち hanabitotati
https://http://www.hanabitotati.jp/
住所:〒103-0007 東京都中央区
日本橋浜町3丁目10-1 3階
TEL:050-5318-9530(10:00~17:00)
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

東京のスタジオ花人たちでは全米ブライダルコンサルタント協会認定講座開講の最新のご案内をしております

東京のスタジオ花人たちのブログでは、ブライダルプランナーやウェディングフラワーデザイナーの資格取得を目指す方向けの講座開講の最新のご案内を配信しております。短期集中プランのご案内や、新規の講座スタートのご案内を致しておりますので、ご受講を検討中の方はぜひブログをご確認ください。
全米ブライダルコンサルタント協会認定の講座は、短期間で取得が目指せるクラスもあり、毎月随時開講するクラスもございます。開催日程につきましては、ブログで最新の情報を配信させていただきますので、どうぞご確認ください。
スタジオ花人たちのブログではレッスンの模様や、東京で主催する婚活イベントの様子などもご紹介しておりますので、ぜひご参考になさってください。